セトレグラバーズハウス長崎流“朝さるく”を開催

ホンモノの長崎を、歩いて、食べて味わう“朝さるく”

セトレグラバーズハウス長崎では、“長崎の魅力=地域の資源”をさまざまな角度から掘り下げ、楽しむ機会をつくっていきたいと考えています。

これまでは“見る(観光)”だけだった長崎を、長崎に暮らす人、そして、長崎を愛する人たちとともに、歴史、文化、食など、さまざまな切り口で掘り下げていきたい。そして、観光客だけでなく、地域の人々にも気づきや発見のある“ホンモノの長崎”を発信できるイベントを行っていきたい。

そんな想いから“朝さるく”を開催しました。

居留地をぶらぶら散歩 & 和・華・蘭(わからん)朝食

image2

4月24日(日)AM8:00ホテル集合。
セトレグラバーズハウス長崎、初の試みとなる「朝さるく」がはじまりました。
セトレのまわりは、南山手の外国人居留地という歴史深い地。居留地の名案内人として有名な桐野氏を道先案内人として、朝の街あるきを楽しみ、お腹を空かしたところで、セトレ自慢の和・華・蘭朝食をお召し上がりいただくという「散歩+朝食」の新企画です。

長崎居留地のまちづくりの先駆者でもある桐野さんは、こんなことを語ってくれました。

「居留地の価値は、歴史的建造物の多さではない」
「その地に実際に生き、暮らしていた人々の想いや、生活によってつくられた歴史にこそ、その価値がある」
「だから私は人々の生き様を伝えるために、この地で語るのです」

長い鎖国の時代が終わり、夢や希望を求めて日本の地に足を踏み入れた海外諸国の若者たちと、そこに暮らしていた当時の日本人がつくりあげてきたこの地の歩み。

参加者みんなにとって、驚きと発見の連続で、本当に勉強になりました。

image6

そんな学びの後は、セトレ自慢の和・華・蘭朝食でおもてなし。

お腹を空かせてからの朝食のおいしさはもちろん、今日の学びを共有し、語り合うひとときはとても有意義で、初めて会った人とは思えないくらいに朝食後も話がつきないといった様子でした。

まさにセトレから広がる「つながり」を感じ、私たちがこの地でやっていかなければいけないことを再認識した1日でした。

この企画は、毎月の定例イベントとして行っていく予定です。ぜひ、ご参加ください。

HOTEL INFORMATION

セトレ グラバーズハウス長崎
SETRE Glover's house NAGASAKI

住所:長崎県長崎市南山手町2-28
TEL:095-827-7777

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre-nagasaki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS