生産者が勢ぞろい。作り手と食べる人が垣根を越える「島みるセトレ」

島をのぞむセトレがお届けする、生産者さまとの特別な一夜

ホテルセトレ神戸・舞子では昨年から月に一度、淡路島の生産者さまと料理人とお客さまをつなぐ「生産者トークby島みるセトレ」をお届けしてきました。

今回行われたのは、これまでお招きしてきた生産者さまとお客さまに再会いただく特別なイベント。7組の生産者さまが集まり、シェフたちも気合の入る時間となりました。

生産者とシェフがタッグを組んで作る料理

これまで見てきた、生産者さまの想いをテーブルへ

今回は生産者のみなさまとシェフが食材ごとにタッグを組み、熱い想いを重ねて15種類以上の料理がふるまわれました。

北坂養鶏場さんの北坂さま、大造畜産さんの「椚座牛」、巽養蜂園さんの「生はちみつ」、脱サラファクトリーさんの「おのころ雫塩」、山田屋さんの「季節のジャム」、大村農園さんの「いちぢく」、藤本水産さんの「しらす」。

自分たちが足を運ぶからこそ見えた生産者のみなさまの表情と、素材一つひとつの持つ力を伝えたい。そしてこの景色、食す人にも感じてもらえたら……。その想いが形になり、空間が一体となりました。

生産者とシェフがタッグを組んで作る料理

まるで本物の畑!素材を楽しむ演出に歓声

食べる人と作る人が垣根を超えてつながる瞬間を生み出してきた「その日限りの一皿」。淡路島西洋野菜園の柴山さまとタッグを組んだ高見シェフはその思いも一塩でした。

毎年、畑を訪れお手伝いをしてきた農園をイメージして「柴山さんの西洋野菜のピンツィモーニョ」を6人がかりでその場で仕上げる姿にみな釘付け。人参やトマト、オクラなどの色とりどりの野菜たちは、まるで本当の土に生える野菜たちのようでした。

淡路島西洋野菜園の柴山さまとの一品

これからも、新しい発見の場をみなさまへ

ホテルセトレ神戸・舞子が淡路島への架け橋となり、みなさまと生産者をつなぐことで生まれてきた数々の時間。これからも島を見つめる食卓を通して、土地や人の魅力を掘り下げ、楽しむ機会を作っていきたいと思います。

生産者とシェフがタッグを組んで作る料理

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS