滋賀で生まれた「幻のワイン」と「料理」が出会う

ワイナリーツアーとペアリングディナーを愉しむ夕べ

セトレのレストランでは東近江市にある「ヒトミワイナリー」のワインを提供しています。そのワインがつくられる現場をお客様とともに訪ね、ワインづくりへの想いやこだわりを聞かせていただきました。さらに、その想いのこもったワインの味わいを堪能すべく、滋賀の食材とワインのペアリングディナーをセトレのレストランで愉しむイベントを開催しました。

ヒトミワイン ペアリングディナー

「幻のワイン」と称されるにごりワインの専門メーカー「ヒトミワイナリー」

ヒトミワイナリーは、国内産生ブドウを100%使用した「日本ワイン(NIPPONワイン)」。濾過をしない「にごりワイン」のスタイルで生産されています。今から30年も前にブドウ畑を設け、ワインづくりを始めた当初は、日本酒造りが盛んな東近江の方からの反対もあったそうです。

食物繊維や酵母をそのまま残すヒトミワイナリーの「にごりワイン」は、プチプチと微炭酸を感じることができ、無濾過なのでブドウの味と香りをそのまま味わうことができます。従来、温度管理が難しい「にごりワイン」は一般流通に不向きで「幻のワイン」として通の方のみ手に入れられるものだったそうです。

現在では、その「にごりワイン」が評価され、県外からもお客様が訪れるほどのワイナリーになっています。

にごりワイン

食べられるブドウでワインづくり

そんなこだわりと歴史を持ったヒトミワイナリーは、セトレから車で約1時間。

今回お邪魔したのは、3反(約1,000㎡)あるブドウ畑。”カヴェルネ・ソーヴィニヨン”と日本固有のブドウ品種である”マスカット・ベーリーA”を掛け合わせた品種のブドウ畑でした。ちなみにヒトミワイナリーさんは、ブドウ畑を6つお持ちだそうです。ご案内くださったのは、代表の岸本さん.。

ヒトミワイナリーでは60種11万本のワインを生産されていて、そのうち60%は、食べられるブドウでつくられているそうです。しかも、そのブドウは、自家農園もしくは、提携農家さんの生産物のみを使用されているというこだわり。畑でブドウの実をいただくと、甘みが口の中に広がり、補糖せず本来の甘みのみでワインづくりをされていることにも納得です。

畑見学のあとは工場に移動し、収穫したブドウの加工工程も教えていただきました。

ヒトミワイナリー岸本社長

甘口ワイン、NO.1!!

ヒトミワイナリーでは、ワインだけでなく、パンやオリーブオイル、ジャムも生産されています。そのショップの一角で、岸本さんの説明に耳を傾けながらティスティングをさせていただきました。

「甘口ワインなら、NO.1だ」とおっしゃる岸本さんの言葉通り、香り高くまろやかなワインで、甘みの中にキレもある、ヒトミワインを象徴するような味わいでした。

酸化防止剤も入れていないため、還元臭がすることがあるそうですが、ワインボトルを軽く振ると、酸化され香り高いぶどうの香りに。ヒトミワイナリーさんのワインは、抜栓後2~3日目が一番味わい深く美味しくいただけるという、珍しい特徴もお伺いできました。

創業当初から、やみくもな量産はせず、ブドウ以外の人工物を使わないというポリシーを守りながら生産されていることが、ワイン通から支持される理由なのかもしれませんね。

ワインテイスティング

お客様×生産者×料理人 から生まれる感動

ヒトミワイナリー訪問後は、ホテルに戻り、ディナータイム。
滋賀食材づくしのコース料理の一皿一皿に合わせた、ヒトミワインが提供されるペアリングディナー。
鹿肉や鮒ずし、真鯉など、滋賀らしさがありながらも、クセが強いイメージのある食材も、ヒトミワインのワインと共に味わうことで、味わったことのない新たな味覚に出会う感覚は、新鮮でした。ヒトミワイナリーの澤田さんのワイン説明は、想像をかきたてる表現が豊かでヒトミワインを大切に生産し、販売されていることが伝わるようでした。

「焼き芋のホクホクした感じの香り、しませんか?」と、澤田さん。
「えぇ?本当にそんな味わいがするの?」と言いながら、ワインを口にする前にワクワクしているかのようなお客様の表情。
「鮒ずしは、臭いとか、なんとんく苦手、もしくは食べたことがないという方いると思いますが、騙されたと思って食べてみてください。」と、にんまりと笑うセトレ尾方料理長。
「あれ?美味しいぞ、鮒ずし!」とワインと口の中で合わさった瞬間、驚きの表情を浮かべるお客様。

お客様・生産者さん・料理人のこの交流がまさに、このイベントの開催意義。
滋賀に眠る食材、滋賀で生きる生産者さん、という大切な地域の資源をこれからも、セトレはスポット当てながら、お客様にお届けしていきたいと思います。

ワイン説明をする澤田さん

ワイン

メニュー表

HOTEL INFORMATION

セトレ ハイランドヴィラ姫路
SETRE Highlandvilla HIMEJI

住所:兵庫県姫路市広嶺山224-26
TEL:079-284-3010

営業時間:
【ホテル】火曜日定休(祝日・夏季・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00~19:00 / 日祝10:00~20:00 / 火・水曜日定休
http://www.hotelsetre-himeji.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS