セトレと森と人を結ぶ新たな物語「Wood project」がはじまります

多くのめぐみをくれる森のために、自分たちができることを

セトレハイランドヴィラを美しい四季の移ろいで満たしてくれる、広峰山。

春の山桜や秋の紅葉、かわいらしい鳥のさえずりなど、雄大な森の息吹きは、いつも私たちを癒してくれます。

森林は、私たちに安らぎを与えてくれるだけでなく、美しい水や多くのいきものを育み、土砂災害や地球温暖化を防止するなど、多くの役割を果たしてくれます。しかし、それは私たちが「木を使い続け、良い森を守り育てる」ことが条件です。

輸入木材の増加や山村地域の高齢化などにより、世界でも有数の豊かな水と森の国でありながら、森林の環境が悪化の一途をたどっている日本。

森のめぐみをいちばん近くで感じている私たちだから、地域の森を豊かにする「仕掛け」をどんどんホテルの中につくっていきたい。セトレと森と人を結ぶ新たなプロジェクトがはじまります。

森林づくりからの地域再生。村ぐるみの挑戦に取り組む西栗倉村

「森林の現状を伝えるとともに、お客様と一体になって豊かな森林を未来に引き継ぐお手伝いをしていきたい」と考えたとき、まず訪ねたのが「西粟倉村」でした。兵庫県・岡山県・鳥取県の県境に位置し、森林が95%を占める人口1600人程度の小さな村。

合併の波に乗るのではなく、先祖から引き継がれてきた地で、木を植えた人たちの想いを大切にしつつ「森林づくり」からの地域再生を目指そうという村ぐるみの挑戦が今、大きな注目を集めている地です。

image2

株式会社 西粟倉・森の学校
西粟倉の「挑戦者」たちの様子や「百年の森林構想」の詳細がご覧いただけます。ぜひご一読ください!
H.P. http://nishihour.jp/

木をつかうことで、森を良くしていく

「環境のために割り箸は使わず、my箸を持参しましょう」。誰でもできる環境の取組の合言葉のように使われていますが、実は、森林管理のなかで生じる間伐材を使った「割り箸」は、使えば使うほど森林が元気になります。漂白剤や着色料、防カビ剤も使用されておらず、安全安心です。

image3

image4

「割り箸」を見るのではなく、その背景を考えることで、まったく違った「森とのかかわり方」が見えてきます。

セトレハイランドヴィラでは、割り箸のほか、天然ヒノキの入浴木、木工体験キットなど「西粟倉・森の学校」の皆さんのお力をお借りしながら、お客様に「木の世界」を体感いただける仕組みをつくっていきます。

森に抱かれた深い癒しのひとときとともに、お楽しみいただければ幸いです。

HOTEL INFORMATION

セトレ ハイランドヴィラ姫路
SETRE Highlandvilla HIMEJI

住所:兵庫県姫路市広嶺山224-26
TEL:079-284-3010

営業時間:
【ホテル】火曜日定休(祝日・夏季・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00~19:00 / 日祝10:00~20:00 / 火・水曜日定休
http://www.hotelsetre-himeji.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS