森とのかかわりを考える時間

木工作品づくりを通じて「森を知る 木を知る 技を知る」ワークショップ

20180810_110656

セトレハイランドヴィラ姫路では、8月4日~11日の間「森の時間Week」と題して、セトレと森と人を結ぶ様々なイベントを開催してきました。皆さん山の日ってご存知ですか?8月11日は「山の日」=「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する日」なんです。森の恵みを一番近くで感じている私たちだから、地域の森を豊かにする「仕掛け」をどんどんホテルの中につくっていきたい。「森の時間Week」はそんな想いから始まりました。10日と11日は、木工作品を作るワークショップを開催しました。木=森を見るのではなく、その背景を考えることで、まったく違った「森とのかかわり方」を考えていただければとお届けしました。

間伐材から森を知る

17-08-11-16-54-41-546_deco

セトレでは、少しでも「森とのかかわり方」を考えてもらえるよう間伐材で作られた割り箸のほか、天然ヒノキの入浴木、木工体験キットなどお客様に「木の世界」を体感いただける仕組みをつくっています。ただ「割箸」を見るのではなく、背景を考えることで森とのかかわり方が変わるのだと思っています。「間伐材でなにができるか?」と思う人も多いはず。間伐材とは、森を健康な状態に保つために伐採した木のこと。日本の杉やヒノキなどの植林は、成長するにつれ間隔が狭くなり、放っておくと過密状態になります。すると陽光が入らず、ひ弱な木ばかりの森になってしまうので、手入れのために適度な伐採が必要となります。近年、林業の人手不足や、間伐材の使い道がないことで放置される森が増え、問題となっています。使い道のない間伐材を活用することが森が元気になることだとわたしたちは考え、ホテルにさまざまな「仕掛け」を作っています。そんな想いも今回開催されたワークショップには込められています。

木に触れ、その感触や匂いを感じながら作る楽しみ

20180810_102701

今回木工作品を作るワークショップを開催してくれたのは、糸のこキャットさん。子供たちに楽しく、優しく教えてくれました。子供たちを優しく見守る眼差しには糸のこキャットの想いがあったのです。木工作品を作り出したきっかけが自分の子供にテレビゲームで遊ぶのではなく、木で楽しくもの作りをしてほしいといったことからだったそうです。「自然を感じながら、自由な発想で、自分の作りたいものを作ることは最高のことだよ。」と話す糸のこキャットさん。子供たちも色々な木の作品に触れとても楽しそうな表情でした。木の良いところは、のこぎりでカットすれば小さくなるし、自分の好きな形にできること。たぶん子どもたちは、床や家具を見ても、もともと丸太のような形からできていることを想像しにくいんですよね。実際にワークショップで木を使ったモノを作ることで、森に生えている「樹」と加工された「木」がつながり、自然を身近に感じてもらえるといいですね。

夏の思い出~セトレと森と人を結ぶ~

20180810_103944

糸のこキャットさんから木で作ったかぶとむしをプレゼントされ嬉しそうな子供たち。親子で学び、自分で“作る”というよろこびを感じて、木工作品を作る楽しむ素敵な時間となったワークショップ。「木で何でも作れるんだね。作るの楽しかったよ」と親子で会話を楽しみ姿も、夏の素敵な思い出になったとの声もいただきました。お届けしてきた「森の時間Week」、森への想いをつなぐ、セトレでの特別な時間となりました。これからも皆さまの素敵な思い出になるような、セトレと森と人を結ぶイベントをたくさんお届けしていきたいと思っています。

HOTEL INFORMATION

セトレ ハイランドヴィラ姫路
SETRE Highlandvilla HIMEJI

住所:兵庫県姫路市広嶺山224-26
TEL:079-284-3010

営業時間:
【ホテル】火曜日定休(祝日・夏季・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00~19:00 / 日祝10:00~20:00 / 火・水曜日定休
http://www.hotelsetre-himeji.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS