心豊かな花のある暮らしを提案

花のある幸せな時間

IMG_4548

 

花のある暮らしを楽しんでみませんか?
さりげないお花を一輪差したり、窓辺やテーブルの上の花は、毎日にちょっとした幸せを届けてくれます。花を選び、瓶に飾り、毎日お水を替える…そんな小さな余裕が、日々の暮らしを少し特別なものにしてくれます。一輪挿しにお花をちょこんとあしらって・・それだけでお部屋の雰囲気がガラッと変わります。みる人を癒してくれる花や植物は、生活にプラスすることで心に余裕をもたせてくれます。セトレでは、そんな花を通じて心が豊かになってもらえたらとイベントを企画しました。“花で笑顔をつないでいきたい”、花をきっかけに、家族をはじめとした人と人とのつながりの大切さを改めて感じてもらえたらと、さまざまな提案をされている畑野ひろ子さんをお迎えして、第3回目となる『SETRE De Flower Arrangement Lesson』を開催しました。今回は、その様子をたっぷりとお届けします。

静かに移ろいゆくその様子を愛でる楽しみ

IMG_4684

今回のテーマは、「スワッグ」づくり。海外ではリースとともになじみのある伝統的なクリスマス飾りのひとつ「スワッグ(英語:Swag)」。アンティークな風合いが魅力のひとつ。まるで何十年も前から変わらぬ美しさで佇んでいるような姿は、眺めているだけでうっとり幸せな気分に。そんなノスタルジックな趣が「おしゃれで素敵」なドライフラワー、スワッグ作りを畑野ひろ子さんが皆さんと作ってくれました。ドライフラワーが、観賞用や装飾品として人々に親しまれるようになったのは、17世紀以降のヨーロッパ北部。儚く散る植物の美しさを惜しみ、「この美しさを長く楽しみたい」との願いから作られたのだそう。「ゆっくりと時間をかけて、姿形、色、質感が変化。静かに移ろいゆくその様子を愛でるのも楽しみのひとつです。生花からドライフラワーになっていく過程をぜひ楽しんでください。」と語る畑野ひろ子さん。皆さんのテーブルをまわりながら、ひとりひとりに声を掛けながら丁寧に教えてくれました。

世界でひとつだけの“スワッグ”づくり

20180728_112717

スワッグを作る際の最大のポイントは、ドライになった状態でも花色や葉色がキープできるものを選ぶということ。乾燥に適しているお花を選び、色味のことも念頭に置いてスワッグの素材を選んでくれた畑野さん。スターチス ブルーファンタジアやユーカリ、ロースマリーなどピンク系とイエロー系の花材をご準備してくださいました。さあ、皆さんも世界にひとつだけのスワッグ作りに挑戦です。「自由に自分がしっくりいく形を作ってくださいね。」とひとりひとりに丁寧に声をかける畑野さんに、参加者の皆さんも「ここどうしたらいいですか?」と質問が続出。次第に、畑野さんと参加者の方とプライベートの話が飛び交うほどに。笑い声が響き、和やかな時間が過ぎていきました。

花を通して広がる輪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

世界に一つだけのスワッグの完成です。出来上がったスワッグを隣の人と見せ合ったりと自然に参加者同士で話に花が咲きだしました。また、スワッグ作りのあとはみんなでテーブルを囲み、ランチ会の始まりです。花を通じて人と人がつながる瞬間です。「花を通じて人と人とのつながりを大切にしたい。」と「花育」を通じて少しでも多くの人達の心を豊かにできればと考える畑野さんの想いがかなった時間となりました。お客様からも「時間を忘れて、お花に触れる時間を愉しめました。ひろ子さんに教えてももらえて幸せな時間になりました。」などとても喜んでくださっている声が多かったです。
今後も畑野さんには、「花を通じてつながる」イベントを開催していただく予定です。今後のイベントも楽しみにしておいてくださいね。

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS