昔の長崎へタイムトリップできる『朝さるく』

2018年3月25日(日) 8:00~ 朝さるくがスタート

IMG_1184

セトレグラバーズハウス長崎では、毎月『朝さるく』を開催しております。今回の『朝さるく』は、セトレの横にある坂”セトレ坂”をくださって、バンザイサイダー製造工場跡 → 香港上海銀行 → 旧長崎税関下り松派出所 → 祈りの三角ゾーン→ 大浦天主堂のルートを巡るコース。ちなみに・・・”セトレ坂”はガイドでもある桐野氏が名付けてくれた名前です。勝手に名付けて、さるく中にもセトレ坂を紹介してくれています。

バンザイサイダーの工場跡地をめぐる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セトレ坂をくだって、1分ほど歩いたところにレンガ造りの素敵な建物があります。今は、普通の企業が入っている建物ですが、日本ではじめて大量生産された「バンザイサイダー」の工場跡地。1800年代後半、グラバーさんとともにジャパンブリューアリー(現キリンビール)を立ち上げたウォーカーさんが作ったサイダー。セトレのaeru roomという特別なお部屋にもおいてます。甘すぎない大人な味のサイダーで、長崎では人気のお土産です。居留地にはレンガ造りの空き家になっている風情ある建物がいくつかあるのですが、実は昔はすごい人が住んでいた!みたいな物語が潜んでいたりします。朝さるくでは、観光ブックでは知ることができない、そんな物語を桐野氏が語ってくれます。

レンガの積み方には歴史が

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

居留地のあちこちにあるレンガ。レンガには、イギリス積み・オランダ積みなど積み方が様々なのですが、居留地のレンガをよく見てみると・・・長手だけの段、小口だけの段と一段おきに積まれています。これは「イギリス積み」という方式らしいのですが、これを見ると昔長崎ではイギリスの方々が業を成して成功し、居留地にお家や会社を建てたりしていた、ということが伝わってきますね。レンガは全部一緒だと思っていましたが、こんなところにも歴史があったんだなぁとしみじみ。

日本で初めて外国の方が足を踏み入れた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

近くにあるべっ甲工芸館。実は、ここは昔税関だった場所だそうです。この門をくぐって、日本で初めて外国人が足を踏み入れて、色々な文化や食べ物をもってきたんだと思うと、なんだか不思議な気持ちになります。長崎は、〇〇発祥と日本初!のものが沢山あるのですが(例えば・・・ボーリングとかコーヒーとか)旧税関がここにある話を聞いて、納得です。

ホテルでは・・・

IMG_4603

さるくの間、中村料理長が長崎の食材を沢山使った朝食を準備中。赤い器に、長崎らしく和・華・蘭文化(和食と中華と洋食)の取り入れた卓袱料理を感じるお料理たち。歴史にどっぷり浸って、足も頭も使ったあとの朝食は格別でした。4月は紅茶とのコラボレーションしたさるくが開催されます。

HOTEL INFORMATION

セトレ グラバーズハウス長崎
SETRE Glover's house NAGASAKI

住所:長崎県長崎市南山手町2-28
TEL:095-827-7777

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre-nagasaki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS