広がる香りと爽やかな風味、実がぎゅっと詰まったジューシーレモン

大自然の恵みから生まれた、フレッシュレモン

DSCN8620

ホテルセトレでは、月毎にテーマ食材を変えて生産者さまにお越しいただき、食材への想いをお客さまに語っていただく「生産者トーク」を開催しています。セトレの目の前に広がる海を渡った先の淡路島にある豊富な食材。その日限りのシェフ特製の「奇跡の一皿」をお届けします。淡路島の豊かな自然の中で育まれた、平岡農園のレモン。愛情込めてつくられた美味しいレモンについてじっくり話していただきます。

レモンの風味が料理の味をより一層ひきたてる

DSCN8628

本日の奇跡の一皿はイノシシを使ったストラコットという赤ワインとトマトでじっくり煮込んだお料理。周りにはレモンをイメージして作ったラビオリで彩ります。セロリアックという根セロリのピューレを添えて、仕上げに砂糖でじっくり煮詰めてから乾燥させたスライスレモンを乗せて完成です。口いっぱいに広がるレモンの香りと爽やかに鼻から抜ける風味は、メイン料理との相性抜群でお客さまにも大好評。主役になることは多くはないレモンですが、他のものをひきたてる力は圧倒的。臭みをなくしたり、消化をよくする効果もあります。

こだわりは、ていねいな作業と想い

LE

平岡農園では淡路島の地中海性気候に近い特性を活かして、みかん・レモン・ライムを育てられ、創業60年以上が経ちます。レモンの種類は2種類。アレン・ユーレカレモンは香り豊かなのが特徴。よく街で見かけるレモンです。もう一つはマイヤーレモン。みかんとレモンの自然交配でできた皮が薄くて果汁が多いレモン。色味もきれいな山吹色で最近ではマイヤーレモンを求めてこられる方も多いのだとか。レモンやライムは皮ごと食べるもの。ワックス材は不使用で、何より大切なのが“土づくり”だそう。雑草を肥やしにして自然を最大限に活かします。ていねいな手作業にこだわることで、キレイで長持ちする実が出来上がります。

時代とともに成長しながら、強くたくましく育まれる

DSCN8638

もともと漁師だった先代が始めた小さな農園。少しずつ畑を増やしながら、平岡農園にしかできないものを生み出されてきました。農薬には頼らないのにとても持ちが良いと評判なのは、土台からしっかりと作られていて、食材ひとつひとつが強くたくましく育つから。9月中旬から12月初旬まではみかん・レモン狩りも楽しむことができるので、自然の中で直に香りや感触を体験してみてはいかがでしょうか?今後も魅力あふれる食材をクローズアップして、皆さまにお届けしていきます。

 次回の生産者トークはセトレを飛び出して淡路島へ。旬の苺を楽しむジャムセッションを開催します。お楽しみに!

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS