豊かな自然に恵まれた淡路島に暮らす日本蜜蜂の「生はちみつ」

淡路島産純度100%の「生はちみつ」をお届け!

20180125_133340

眼前に広がる明石架橋大橋が結ぶ先は「淡路島」です。日本の食料自給率が40%を下回る中、淡路島の自給率はなんと110%!光あふれる大地の幸、豊かな海の幸に恵まれた淡路島は、万葉の時代から「御食国(みけつくに)」として、皇室や朝廷の食を支える地でもあったのです。ホテルセトレではこの豊穣の島・淡路島とお客様を橋渡しし、毎月1回魅力を楽しみ尽くすイベント「生産者トーク」を開催しています。月毎にテーマ食材を変え、その食材を使いシェフがその日だけの「奇跡の一皿」としてお届け。生産者さまの熱い想いとともに、“美味しい”こだわり食材をお届けしています。今回は巽養蜂園の日本蜜蜂の「生はちみつ」をご紹介します。

季節によって味や色が変わり、幾多の花から蜜を集めた「百花蜜」

20180125_115828

山や森を自由に飛び回り、季節ごとにさまざまな蜜を集めてまわる日本蜜蜂。日本蜜蜂の生はちみつは、幾多の花から蜜を集めることから「百花蜜」とも呼ばれています。
西洋蜜蜂に比べ、日本蜜蜂のはちみつは糖度が78度以上と高く、甘みの中にもコクがあることで有名です。200~300種類以上の花から蜜を集めるため深みがある味わいで、味も毎年異なり季節や場所、巣箱によって風味や色合いも異なり、各地の樹々の一年を舌で味わうことができるのです。
日本蜜蜂が一生のうち採取できるハチミツは、一般的なはちみつと比べ極端に少なく、スプーン1杯以下と言われています。飛ぶ距離も巣箱から半径1.5~2.5㎞、淡路島でとれるハチミツはまさに100%島の恵みの結晶なんです。

淡路島の大地をイメージ、味わい深い後味豊かな「秋みつ」を使用

20180125_115239

今回お届けした奇跡の一皿は、「さつま芋とポレンタ、ゴランゴンゾーラチーズのタルト仕立て」。お皿の真ん中に花をイメージしたタルトを置き、お皿を淡路島の大地にみたてて淡路島の西洋野菜を散りばめ、その上から300種類もの花から集められた「秋みつ」をふんだんにふりかけた一皿。シェフが生産者さまの想いやはちみつの深い味わいを楽しんでいただけるよう、この日のために特別に考えたこの日限りの奇跡の一皿に仕上げました。普段見ることのできない蜜箱をお持ちいただき、お客様も驚きと喜びの笑顔であふれる時間となりました。

ホンモノの「生はちみつ」を届けたい

20180125_120351

巽さんが日本蜜蜂からハチミツを採取しはじたのは、むかし中国産のハチミツをカブトムシに与えたとき死んでしまったことがショックで「自分の子供たちにはホンモノを食べさせたい」という想いからだそうです。美味しいハチミツを採取できるよう、日本蜜蜂のために何十種類もの花を植えたりと手間暇かけて飼育している巽さん。美容や健康にも効果があるといわれるはちみつをもっと多くの方々に届けたいという熱い想いを私たちセトレも少しでもお客様にお伝えできればと思っています。
「美味しさ」とともに、普段は語ることない「作り手の方の想い」やその背景にある「物語」をお届けしたい。そんな食にまつわる“枠づくり”をセトレは大切にしていきたいと思っています。

次回は2月の生産者トークは、平岡農園さまの“レモン”の魅力をお届けします。どうぞお楽しみに。

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS