きっとあなたを魅了する、絶景都市長崎

唯一無二の景色に囲まれる、セトレグラバーズハウス長崎

main_img01

歴史ある南山手に位置するセトレグラバーズハウス長崎。この長崎は”坂の町”とも言われており、坂と共に歴史を育んできました。今回お届けするのはその坂の頂上から見える景色の物語です。セトレに来られたときにはぜひお立ち寄りいただきたい展望台の数々。皆さまご存知の長崎から、まだ見ぬ長崎まで絶景とともにご案内します。

江戸時代より続く寄港地、長崎港

FullSizeRender (2)

セトレグラバーズハウス長崎の最寄駅「大浦天主堂下」から路面電車で1駅。さらにそこから南山手方面へ歩いて1分進むと見えてくるのは、全国でも類をみない斜面エレベーター”グラバースカイロード”。その頂上から長崎港を一望することができます。江戸地代に西洋・中国との国際貿易港として唯一幕府が公認した長崎港。現在は写真の様に海外からの大型客船が寄港する場所として栄えています。年間で約300隻の大型客船が訪れる長崎港。船すらも景色と化した景観がここにはあります。

日本の近代文明を支えた世界遺産一望の地

FullSizeRender (1)

 

続いてご案内するのは、2015年に世界遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭鉱業」の構成資産の一つである三菱重工(株)長崎造船所の”ジャインアント・カンチレバークレーン”が一望できる場所、鍋冠山展望台。運が良ければ製造中のイージス艦も見ることができます。セトレからは車で約15分。これまでとは違った形で長崎を知れる、そんな場所です。

 

1,000万ドルの夜景が織り成す、長崎名所”稲佐山”

FullSizeRender

最後にお届けするのは日本の夜景ではあまりにも有名な”稲佐山”。数多の人たちを魅了してきたこの夜景、実は世界新三大夜景(モナコ、香港、長崎)、日本新三大夜景(神戸、札幌、長崎)にも登録をされています。”坂の町”長崎だからこそ可能にしたこの幻想的な風景。”来崎”された際には見ないと絶対に損です。ちなみにセトレからは車で約15分、路面電車とロープウェイを乗り継いで約1時間で行けます。長崎市内から稲佐山までの往復タクシーも便利でお得。今回お届けした景色・景観シリーズ。セトレにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

HOTEL INFORMATION

セトレ グラバーズハウス長崎
SETRE Glover's house NAGASAKI

住所:長崎県長崎市南山手町2-28
TEL:095-827-7777

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre-nagasaki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS