セトレのまかないご飯【SETRecipeⅤ】

とろ~りモッツアレラがたまらない!イタリアの名物料理「ライスコロッケ」のレシピを紹介

20171120_155957

今回、「ライスコロッケ」をセトレのまかないご飯としてをご紹介してくれたのは、元気いっぱいで初々しさがのこるセトレ歴2年目のキッチンスタッフ川上千明さんです。「ライスコロッケ」を選んだのは、「お家の冷ごはんのアレンジレシピを紹介したいと思ったからです。」と笑顔でこたえてくれました。

イタリアの名物料理と言えば、パスタとピッツァ。ですが、もう一つの名物料理「ライスコロッケ」の魅力はご存知でしょうか?
こんがりキツネ色に揚げられたライスコロッケは、郷土料理のひとつ。基本はお米とチーズを入れて揚げたもので、地域によって具やレシピが異なります。揚げたての衣をサクっと割った時にあふれる、とろ~りモッツアレラの美味しさといったら……!
思い出すだけでも笑顔になってしまいそうなほどの美味しさなのですよね。そんなライスコロッケは、イタリアのおばあちゃんやお母さんたちが愛情をこめて作りあげてきた”マンマの味”。イタリアの素朴であたたかな家庭料理をセトレのまかない風にアレンジしてお届けします。

愛情こめてスタッフのために作る“マンマの味”を再現!
20171120_150743

シチリアやナポリではライスコロッケを「アランチーニ」と呼ぶそうです。アランチーニは「小さなオレンジ」という意味で、形がオレンジに似ていることが由来となっています。シチリアのバールや総菜屋に必ず並ぶ、定番のメニューだそうです。
今回作ってくれたライスコロッケは、「小さなオレンジ」とは思えないほどの大きさでボリューム満点!
一つでお腹がいっぱいになっちゃうほどです。今回は、大きいライスコロッケを作ってくれましたが「お家の鍋にあわせて大きさを変えてください。味付けもカレー風味にしたりとアレンジもしやすいので何度でも楽しんで頂けると思います。冷凍保存もできるので多めに作っておいてもいいですね。」と笑顔で語ってくれました。いつも美味しものを食べてほしいという彼女の優しさが伝わってくる瞬間でした。

【ライスコロッケ 1人分】
■材料
白ごはん  お茶碗1杯分
玉葱みじん切り  1/4 ヶ 
ケチャップ  大さじ3
モッツァレラチーズもしくはシュレッドチーズ  適量
バター  大さじ1
塩・こしょう  少々
卵  1個
小麦粉  大さじ2
パン粉  大さじ3
油(揚げ用) 適量
■作り方
①:鍋にバターを入れ、玉葱をしんなりするまで炒め、白ごはん、ケチャップを入れて炒めておく。
※ごはんは、パラパラにしない方が丸めやすいです。
②:お好みの大きさで、中にチーズを入れて包むように丸めていく。<冷蔵庫で、30分くらい休ませる。>
③:小麦粉→卵→パン粉の順番につけ180度の油でこんがりするまで揚げる。

【ミネストローネ 1名分】
■材料
A:
玉葱 1/4ヶ
人参、白菜、ズッキーニ(残り物野菜でOkです) 適量
ベーコンスライス 1/2枚
トマト 1/8ヶ 

オリーブオイル 小さじ1
水  300cc
コンソメ  ひとつまみ
オリーブオイル 20cc 
塩・こしょう 少々
①:材料A全てさいの目状にカットしてください。
②:鍋にベーコンを入れ炒め、玉葱、ニンジン、ズッキーニ、白菜の順に、火の通りにくいもから炒めてください。
③:②にトマトを入れたら、水を入れ少し煮込み、コンソメ・塩こしょうで味を調え完成。

20171120_150646

キッチンスタッフ川上千明さんからの一言
“ライスコロッケ”のカリッとした食感となかのとろーりととけたチーズの旨みが口いっぱいに広がります。
ライスコロッケを作るポイントは、しっかりと衣を付けて揚げること。こんがりするまで揚げてくださいお子様にも喜ばれ、お酒にもあう逸品をご賞味ください。また、ミネストローネは余っている野菜だけも十分美味しいですが、ほんの少しベーコンやソーセージを入れるとぐっと美味しくなります。
これから寒くなり生野菜を食べると体も冷えるのでスープにして体の芯から温まってください。

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS