セトレのまかないご飯【SETRecipeⅢ】

セトレ神戸・舞子のまかないレシピを公開!

DSC_1338

本日は、セトレ神戸・舞子のシェフのまかないレシピをご紹介させていただきます。セトレのスタッフが実際に、まかないとして食べている料理。
いつも、若いシェフもベテランシェフもみんな交代で作っています。「今日はこれが食べたいな」と思うものを自由に作っています。献立はシェフによって毎日変わります。みんなの健康を考えながら栄養が偏らないよう工夫して作ってくれています。今回は、高見料理長による「ナポリ風鶏肉のジェノベーゼと焼きリゾット」をご紹介します。

セトレのまかないをレシピ紹介
DSC_1339

【ナポリ風鶏肉のジェノベーゼ焼きリゾット 5名分】
■材料
とりもも   1㎏     玉ねぎ  1㎏
白ワイン  100cc    にんにく  1個
ローズマリー1本     セージ   3枚     
ローリエ  2枚     ナツメグ  少々     
トマト   1個     パプリカ  1個
ジャガ芋  1個    ブロッコリー 1/2個
人参   1/2個    ほうれん草 1/3束
エリンギ  1/2バック  しいたけ  2個
白米(炊いたもの)350g  バター   適量
パルミジャーノ 適量

■作り方
①:鍋にニンニクを香りだしして、玉ねぎを炒める。
②:しっかり甘みがでたら、フライパンで塩コショウした肉を焼く。焼き色がついたら白ワインをする。
③:鍋に鶏肉と白ワインを入れ、ローズマリー、セージ、ローリエ、ナツメッグを入れ、あくをとり煮込む。
④:フライパンにバターを入れキノコをソテーする。白米を入れ水を入れてリゾットを炊く。
⑤:バター、パルミジャーノで仕上げ、一度取り出す。
⑥:フライパンを洗い、オイルをひき再度リゾットを入れ表面を焼き固める。
⑦:③を40分ほど煮込んだら竹串で様子をみて、やわらかくなっていたらトマトを入れて味を調える。
⑧:焼きリゾットを皿に盛り、鶏肉とソース、野菜を盛る。飾りのイタリアンパセリ、パルミジャーノチーズをかけて完成させる。

高見料理長からのポイント・アドバイス
高見シェフ (2)

一般的には豚肉や牛肉ですが、時間がかかるので手軽にできる鶏肉を代用しました。水を入れずに玉ねぎの水分で煮込むと美味く仕上がります。
また、リゾットに入れる野菜は残り野菜、余りもので十分ですよ。ぜひ、ご家庭でも作ってみてください。

HOTEL INFORMATION

ホテルセトレ神戸・舞子
HOTEL SETRE

住所:兵庫県神戸市垂水区海岸通11-1
TEL:078-708-3331

営業時間:
【ホテル】火曜定休(祝日・夏期・年末年始を除く)
【ブライダル】平日12:00-19:00/土日祝10:00−20:00/火曜・水曜定休
http://www.hotelsetre.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

OUR HOTELS