セトレハイランドヴィラ姫路 日本のホンモノを伝えるROOM

セトレハイランドヴィラ姫路に、2017年春3つの新たなお部屋が誕生します。コンセプトは、「日本のホンモノを伝える部屋」。お部屋のデザインは、セトレとかねてよりお付き合いのある「ワイス・ワイス」「西粟倉・森の学校」「和える」の3社が1室ずつ手がけ、それぞれのコンセプトに基づいた、世界観のある客室へと生まれ変わろうとしています。3つの会社は、いずれも社会的・地域的課題に向き合い、機能性とデザインにもこだわった商品を展開されています。ワイス・ワイスさまは、家具づくりを通して森と地域と人をつなぎ、自然と共にある暮らしを提案されています。西粟倉・森の学校さまは、森林づくりからの地域再生を目指し、村ぐるみのプロジェクトからスタートした会社。日本の伝統や先人の智慧を次世代につなぐ取り組みを行う、和えるさま。凛としたコンセプトとユニークなアイデアを持つ3社の手によって、新たなお部屋が誕生します!

  • [ WISE・WISE ]

    ファット・アマーノ
    ジャパニーズモダン

    日本全国のより良いものを集め(照明・障子紙・花器・茶器・フローリングなど)、日本ならではの丁寧な手仕事や素材を五感で体感する部屋。既存客室の延長線上に位置づけながら、より高い感度で構成。季節の移ろいを花器やカーテンなど色合いで表現し、何度足を運んでも変化のある部屋に。

  • [ 西粟倉・森の学校 ]

    ヒノキの質感を楽しみ
    森を眺めるためのお部屋

    天井・壁・床はヒノキで設え、ドアを開けると目線が窓に移るように導線を設計。無垢の質感と香りを楽しみつつ、窓の外の播州の街並みを眺められるお部屋に。木の質感を楽しんでいただくため、テレビや高さのある什器は設置しない。お部屋にいながら播磨の森の中にいるような空間に仕立てます。

  • [ 和える ]

    明珍火箸(みょうちんひばし)
    瞑想の間

    姫路の代表的な伝統工芸品、明珍火箸。火箸が触れ合ったときの澄んだ音は、その美しさから「東洋の音色」として世界からの注目を集め、癒し効果があると言われています。備後畳表と稲ワラを使用した座り心地の良い畳や、人の姿がぼんやりと映る漆塗りの天井など、こだわりを集めた空間で、明珍火箸の音色を聴きながら、自分自身とゆっくり向き合う時間を。

新着情報

和えるコンセプトルーム
「明珍火箸 瞑想の間」

「和える」のお部屋は、現在改装中です。
床針の板の打ち合わせ中です。
自分を見つめ直す瞑想の間が完成するまであと少しです。完成をお楽しみに。

西粟倉・森の学校コンセプトルーム
「桧の質感を楽しみ 森を眺めるためのお部屋」

「西粟倉・森の学校」のお部屋は、現在改装中です。
一歩足を踏み入れたところからヒノキの匂いにつつまれ、日本人なら誰もがほっとできる空間になっていました。
日に日に進化を遂げるコンセプトルーム、完成が楽しみです。

WISE・WISEコンセプトルーム
「ファット・アマーノ ジャパニーズモダン」に改装中!

「WISE・WISE」のお部屋は、現在改装中です。
側面は数枚の板で組み合わされて壁が出来てきました!
ベッドが予定されている頭側に間接照明を造る予定です。
これからイメージ図の様な上部に障子壁が着いて和紙を通して、
あたたかな灯りが出来るのが待ち遠しいです!!

OUR HOTELS